スキップしてメイン コンテンツに移動

未来のためのエビデンス

先日(といっても、もう2週間以上も前に)参加したレクチャーで語られた公共セクターにおけるエビデンスの話が面白かったので紹介します。

話を聞きに言ったのは、NESTAのディレクター、Geoff Mulgan氏。NESTAは、人々や組織の良いアイデアをかたちにするのをサポートするイギリスの独立系シンクタンクです。

"Nesta is an independent charity with a mission to help people and organisations bring great ideas to life."

私がGeoff Mulgan氏について初めて知ったのは、数年前。Australian Center for Social Innovationというオーストラリアのソーシャルイノベーションセンターのウェブサイトをみていた時でした。この団体の立ち上げに、Mulgan氏が関わっていました。そこから彼の経歴をみて、NESTAだけではなく、Young Foundationのディレクター、DEMOSというシンクタンクの立ち上げ、ナンバー10(イギリスの政治の中枢)のアドバイザー、Studio SchoolAction for Happinessなど、さまざまな変革を起こしてきた人だということがわかりました。中でもStudio SchoolのTED talkはインパクトがありました。それから、いつか会ってみたいと思う一人になっていました。

その彼がコペンハーゲンのMindLabでモーニングレクチャーを行う。しかも無料。さらに、コーヒーとクロワッサン付きということで参加しないわけにはいきません。

レクチャーは、朝の8時半から。MindLabには、朝からにも関わらず役所関係の方、NPO/NGO関係の方、アカデミズムの方など、50名ほどのひとたちが集っていました。レクチャーのタイトルは、"Policy into practice: from projects to systems"。実践的な政策、意義のある政策を構想し、実践していくために必要なエビデンス(根拠)についての話が中心でした。

Mulgan氏はビデオでみていたのと同じ柔和な感じのひとで、話も聴きやすかったです。私は最前列右端に席をとりました。レクチャー開始までに、クロワッサンとコーヒーをいただきます(美味しい!)。レクチャーがはじまってみると隣は、MindLabのディレクターのBason氏でした。iPadでメモりつつ、Twitterでちょくちょく発信しています。


Evidence
前述したように話の中心は、公共セクターの仕事のエビデンス(根拠)の話でした。公共セクターの仕事にどんな意義があるのか。ビジネスであれば、利益の追求というとりあえずわかりやすい目標がありますが、公共セクターの仕事の価値はそれだけではありません。それが、意外とわかりにくいし、伝わりにくかったりします。

この問題のもうひとつの側面は、公共セクターのなかでお互いに良い仕事が見えにくくなっているというところだそうです。根拠がみえなければ、どこの誰の、どんな仕事が良いのかもわからないからです。

ならば、エビデンスをはっきりさせようじゃないかということで立ち上げたのが、Alliance for Useful Evidenceです。


The Alliance for Useful Evidence champions the use of evidence in social policy and practice.  We are an open–access network of individuals from across government, universities, charities, business and local authorities in the UK and internationally.

社会政策や実践における根拠を集めて、多くの人たちで共有できるようにしようというシンプルな発想です。

では、エビデンスとは何か。どこに根拠を求めるのかという問題がでてきます。それこそ、EBM(Evidence Based Medicin)などのエビデンスは、かっちりしたサイエンティフィックなものですが、ここでのエビデンスはもっとざっくりしたもののようです。エビデンスをはかる指標として、以下の5段階が紹介されていました。(おそらく、リサーチを重ねた上で編み出したのだと思います)


  • Level1 Describe
その政策について、しっかり説明できるかどうか。
  • Level2 Data
その政策が良い結果、良い変革をもたらしているという、データがあるか。
  • Level3 Causality
その政策と良い変革との因果関係がはっきりしているか。政策があってもなくても、良い結果が生まれている可能性もあるからです。
  • Level4 Evaluation
その政策が良い結果をもたらしているということが、しっかり評価されているか。
  • Level5 Systems
その政策が、システムの変革をもたらしているか。時間や空間を超えて、変化を生み出しているかどうか。

の5段階です。これは、公共セクターにかぎらず、どんなプロジェクトにあてはめて考えることができそうです。自分がこれまで関わってきたプロジェクトを振り返ってみても、1と2でまごついたり、3や4であやふやになったりです。

彼の次なるステップは、こうした試みについて、多くの人と話し合い、実験をし、フィードバックがすぐに得られるような環境をつくっていくことだそうです。

もうさっそく動いているようで、この文章を書いている時に見つけたのですが、イギリスでは、この春から、エビデンスセンターなるものが設立されているようです。(Mulgan氏が話している映像

また、システムイノベーションの考え方は、公共セクターに限った話でもなく、プロダクトが売れて、かつ良い、良い変革をもたらし、システムのイノベーションにつながっていくビジネスをサポートするという話にもつながってきます。ビジネスセクターとも話し合い、仕掛けをしていっているようです。

Systemic Innovation
システムイノベーションは、Mulgan氏の最近のキーワードです。まさにそのままのタイトルのレポートがNESTAからでたのが今年のはじめ。NESTAのウェブサイトでも、議論が続いています

システムの変革とは、インターネットの登場しかり、テレビの登場しかり、自動車の登場しかり、大きな社会変革は、人々の行動からインフラまでシステムすべてを変えてしまうことです。社会イノベーションにおいても、プロジェクトや地域に限ったことではなく、システムの変革を起こしていけたら良いのではないかという考え方のようです。

たとえば、肥満について。ある意味、これは食べ物をあまねく多くの人に届けるという目的が過剰に到達された結果でもあります。しかし、別の意味では、多くのひとの健康が損なわれているという結果をもたらしています。食品業界だけではなく、食習慣だったり、社会システムだったり、いろんなことがかかわって起きている問題です。肥満にかぎらず、多くの社会的課題が複雑に絡み合ったシステムのなかで生まれています。

逆に、これまで人々がシステムを良い方向に変えてきた歴史もたくさんあります(前述のレポートにも事例がいくつかあげられています)。そうした事例に学びながら、人々がシステムを変えていける仕組みをつくっていくこと。エビデンスを持った社会変革を起こりやすくすること。これが、Mulgan氏やNESTAの目標であり、彼らを駆動しているエネルギーなのかなと感じました。

他にもHealth Knowledge Commonsの話やStudio Schoolの話やEffortless Automated Feedback Systemの話などもあり、1時間半の充実した内容でした。

レクチャーの最後に、Fatalism(宿命論)について話していたのも印象的に残りました。つまり、人々が可能性についての信頼を失っている。未来をつくれないと思い込んでしまっているように感じると。

数々の変革を巻き起こしてきた(そして、今も巻き起こしている)彼が戦っているのは、まさにそうした社会の雰囲気なのかもしれません。

しかし、どこまでもひるまない彼は、この秋に、FUTUREFEST: Shaping things to come というカンファレンスも企画しているようです。最後の締めが、このカンファレンスの紹介でした。どこまで、仕込みと実践をしている人なんだと驚きです。

まさに、力をもらいました。会いにいってよかったです。このレクチャーの企画をしてくれた、コペンハーゲン大学ビジネススクール(CBS)の PUBLIC-PRIVATE PLATFORMMindLabにも感謝です。

MindLabのサイトにもMulgan氏のインタビュー映像がありました。ここでもエビデンスについて語っています。エビデンスは、過去を問うのではなく、未来へむけて文化的な実験をするためのものだと。Vimeoのリンクはこちらです

公共セクターの悩みが軽くなって、建設的な未来をつくる土台となる「エビデンス」を共有する仕組みづくり。Mulgan氏やNESTAが牽引するイノベーション政策にこれからも注目です。

Mulgan氏の近著
▼The Locust and the Bee: Predators and Creators in Capitalism's Future

コメント

このブログの人気の投稿

デンマークでインタラクションデザインを学ぶことに

こんにちは。新しいブログを立ち上げました。このブログでは、インタラクションデザインをテーマにした記事を書いていきます。

インタラクションデザインといっても、様々な領域が関わり、何がインタラクションデザインなのかということでも一苦労なのですが、まずは私がデンマークでインタラクションデザインを学びはじめたということで、インタラクションデザインな日々を綴っていきたいと思っています。

すでに、インタラクションデザインデイズという名のもとに、Facebookページと英語ブログ(英語の練習も兼ねて。まだ半公開状態。)を立ち上げたのですが、日本語のブログも立ち上げることにしました。もとはといえば、イリノイ大学での学びを共有していらっしゃるDesign School留学記ブログにインスパイア―されたのが発端といえば発端ですが、自分の学びの記録と共有、思考実験として有用に違いないだろうというのが大きな動機です。

ということで、まずは、この1月からお世話になっているCopenhagen Institute of Interaction Design、通称CIIDについて、少し紹介します。

CIIDは名前の通り、インタラクションデザインをテーマにした機関なのですが、ふつうの大学とは少し少し違います。CIIDは、大きく分けて、コンサルタンシー、リサーチ、エデュケーションの3部門からなります。私がお世話になっているのがエデュケーション部門(中の人は、Interaction Design Program=IDPと呼んでいるよう)です。Kolding School of Designという学校と提携することで学位もだせる仕組みになっているようです。

もともとは、イタリアにあったInteraction Design Institute Ivreaの関係者がデンマークで立ち上げた機関です。

といっても、4階建ての建物に3部門すべてが収まっている小さなコミュニティです。学校も年間で20名のみ。学校も専任のスタッフもいるけれど、多くは外部の講師や専門家がやってきてワークショップをするというもの。コンサルタンシーとリサーチのスタッフも少数精鋭と言う感じで、2~3か月もたてばみんな顔見知りになりそうです。

まだここで一週間過ごしただけですが、スタジオ的な雰囲気が良い感じです。レクチャールームもワークショ…

読み物としてもすごく面白かった「コミュニティー・キャピタル論」

先週の出張の行き来の半分はうたた寝、もう半分はこれだった。自分的に面白がれるポイントがつまっていて、食い入るようにほぼ往復の移動だけで読みきってしまった。これを新書にした編集者、えらい!(元は分厚い学術書があるようだから、おそらく編集者の手柄という推測)


コミュニティー・キャピタル論 近江商人、温州企業、トヨタ 、長期繁栄の秘密 (光文社新書)

面白かったポイントを3つほどにまとめてみる。

ポイントその1は、時と場所を超えているところ。三方よしで知られる近江商人の詳しい歴史、現代を生きる中国温州の企業、トヨタのサプライチェーン、と異なる時と地域の話が同じ仮説のもとに紐解かれる面白さ。しかも、歴史上の人物も実在する人も、多くは実名ででてくるので、人間くささがにおってくるよう。

ポイントその2は、よくある起業家の成功談みたいなのではなく、成功する組織、危機に強い組織は、どういうコミュニティ構造を持っているのかという問いをもとに語られているところだ。いっときたくさん本がでた、ネットワーク理論のおさらいをすることもできる。(余談だが、コミュニティの規模は異なるがMITの先生の研究が紹介された「ソーシャル物理学」と似たような結論がでてるのも面白い)

ポイントその3は、書名に「長期繁栄」とあるところにつながる。つまり、うまくいった人、組織のことだけでなく、コミュニティの周縁というか、それほど活躍しない人についても時にスポットをあて、その人がコミュニティとどういう持ちつ持たれつの関係を築いているのか(持たれつの方が多いようですけど)というところも紹介されているところだ。親戚を頼りに海外に渡り、言葉もままならないのに、ネットワークに守られながらそれなりに生きていけているエピソードは、何か希望すら感じる。

そして、これらの考察や分析は、その他のいろんな人や組織に照らし合わせて考えることができるというオマケつきだ。ソーシャル・キャピタルよりは、狭いコミュニティ・キャピタルという仮説の設定も絶妙だと思うが、その仮説の精度よりも、こうして時と場所を超えた想像をぐるぐるとめぐらさせてくれるところが良い。広く読んでほしいという新書の形式なので、そういう方向で書いてあるのだろう。そして、それは私に対しては大成功している。


ただ一点、ネットワーク構造が気になって、自然な友達づきあいがやりにく…

インフォグラフィックスとポリティクス

先週は、インフォメーションデザインのセッションでした。具体的には、Facebookのデータから読み取れることをビジュアライズする課題に取り組みました。テーマの設定、データの収集、編集、デザインまでなかなか苦労しました。最後は、半日かけてプレゼンと批評会。

ここまでお互いに批評する機会が少ないと不満も漏らしていたクラスメートたちも、たっぷりじっくりコメントしあって、どこかしら嬉しそう。たしかに、本気のコメント(批評)は、だいたいグサッとやられるわけですが、それはそれでお互いに愛情がないとできないっす。

今日は、講師のひとりTimoが紹介してくれたHarvard Business Review最近の記事が面白かったので紹介します

▼We've Reached Peak Infographic, and We're No Smarter for It
http://blogs.hbr.org/cs/2013/03/weve_reached_peak_infographic_and_were.html

GOOD Magazineにも関わってきて、本人もインフォグラフィック制作者でもある Dylan C. Lathropによるインフォグラフィック時評。タイトルを意訳すると「インフォグラフィックの流行のピークにきてるよ。そろそろ落ち着こうぜ。」といったところ。

インフォグラフィックの流行の最前線にいる張本人が、現在の大流行に懸念を示しています。

私自身もインフォグラフィックのパワーに少々エキサイトしていたところだったので、「たしかに、そうだよ。うん。」と、うなずける記事でした。

Dylanは、1920年代のIsotype Projectの話からはじめます。インフォグラフィックは、何も今に始まった話ではないと。その昔から(さらにさかのぼればアルタミラ洞窟にもいっちゃえると思いますが)ビジュアルで伝えるというのは、社会的、文化的、政治的意義を十分持っていたのです。

Arntzのつくったピクトグラムは美しい。一覧を眺めるだけでも価値があると思います。

▼Isotype Project
http://gerdarntz.org/isotype

Dylanの要点は、数字や裏付けもないのにイラストレーションで派手にみせてるだけのインフォグラフィックは、ちょっとどうなのよ…